株式投資で資産運用♪

家族のため、将来のために株運用を始めました。

カテゴリ: ジェネレーションパス


家内と娘が、ダンスのママ友達とランチに行くというので家事を引き受けました。
久々に家事しましたが掃除・洗濯・買い物って1日でやるの大変ですねw
仕事よりも楽だろって高をくくっていましたが、これなら仕事の方が楽(笑)
これが毎日エンドレスに続くと思うとノイローゼになるかもwww

そしてここ3日間の株式市場は見送りサイン続きです。
トータル利益は十分ですが、気分的には消化不良w
ただ、ジェネレーションパスでは美味しい部分を効率よく抜けたので、来週からは新銘柄で運用しようかと思案中です。
自分の運用スタンス、今も変わってません…
ボラが小さくなってきたり、システムの過熱感が高まってきたら乗り換えるだけ。
利益を抜きやすい局面だけシステマティックに抜くことがアウトプットですからね。
これからも、このロジックを有効活用していきます。
アパレルトレーダーの美咲さん、順調ですね♪

03/08(金) 【3195】ジェネレーション 見送りサインにつきトレードなし。


ゴーンさんが出てきた時の変装すごかったですねー。
弁護士先生は何を考えてあの衣装を用意したのでしょう?w
今年のハロウィンはゴーンさんの仮装が流行ったりして(汗)
ま、10月末までこの騒動を覚えている若者はいないか…

株式市場、この2日間は見送りサインにてマイナストレードを回避。
守りも大事ですが、もどかしいですw
ジェネレーションパスでは3週間ほど運用してますが+1,074,000円の利益です。
現在は700万円ほどでの運用なので、利回りは+15%ほど。
運用効率はまずまずといったところでしょう。
主婦トレーダーのりほちこさん、良さそうな銘柄ですね!

03/06(水) 【3195】ジェネレーション 見送りサインにつきトレードなし。
03/07(木) 【3195】ジェネレーション 見送りサインにつきトレードなし。


去年から最寄り駅周辺に何件か居酒屋がオープンして、今日も花輪が出ていました。
自分の場合、会社の飲み会なら会社の最寄り、友人とならば集まりやすい繁華街なんで、家の近くの居酒屋ってあまり入ることがないんですよね。
この立地でほんとに流行るのか不思議でなりませんw
ま、勝算があってのオープンなのでしょうけど…

勝算といえば、一昨日のジェネレーションパスは痛かったですw
ただ、これで株式市場の過熱感も収まり…また明日から淡々と運用します。
ドログバさん、確かに!

03/04(月) 【3195】ジェネレーション 1,225円→1,190円(6,000株)= -210,000円
03/05(火) 【3195】ジェネレーション 1,175円→1,202円(6,000株)= +162,000円


3月になりましたね。
今年もあと10ヶ月というのをニュースで見て、そういう考え方もあるかと関心w
これから春がきて、夏になって、秋になってまた冬がくるって、なんとなく1年は長い気がするんですが…捉え方によって早く感じたり、長く感じたり不思議なもんです。

そんな週末の株式市場、小幅ながら堅調にプラスで引けました。
ジェネレーションパスも、ここまでで+1,122,000円の利益…ボラが適度に高いのと、収益性も今のところまだ優秀なので、来週もこのまま継続といきます。
アパレルトレーダーの美咲さん、2月も順調でしたね♪

02/28(木) 【3195】ジェネレーション 見送りサインにつきトレードなし。
03/01(金) 【3195】ジェネレーション 1,190円→1,213円(6,000株)= +138,000円


学研の「子供たちの将来就きたい職業ランキング」で、3位がYouTuberだそう。
娘もタブレットでHIKAKINやはじめしゃちょーさんの動画をよく観てますw
成功すれば月収が億単位らしいので夢のある職業ではありますよね。
もし「私YouTuberになりたいの!」って言われても、なかなかGOは出せないかな…(笑)
投資家になりたいと言われても…困りますw
まずは社会に出て常識を身に付けてからだな(爆)

ジェネレーションパスは、今日は薄利でした。
細く長く運用するにはこの溜めも大事なんですよねー。
ただ株式市場、昨日の-41万円は回避できて良かったです。
攻め(利確)も大事ですが、守り(見送り)も同じだけ大事とはこのことですね。
せっかくの蓄積も、1ショットのマイナスで削っていては運用効率が悪いですから。
主婦トレーダーのりほちこさん、もうそんな時期ですね♪

02/26(火) 【3195】ジェネレーション 見送りサインにつきトレードなし。
02/27(水) 【3195】ジェネレーション 1,248円→1,250円(6,000株)= +12,000円

このページのトップヘ