株式投資で資産運用♪

家族のため、将来のために株運用を始めました。

カテゴリ: デジタルアーツ

デジタルアーツ、4連続見送りですwww
マイナスになるよりはいいんですが、効率よく利益が増えてくれません(爆)
ま、株式市場も完ぺきではありませんねー(笑)

ところでデジタルアーツでは丸3週間の運用が経過し、+640,000円の利益になっています。
十分といえば十分なのですが、ここ最近は値動きが芳しくないので来週からは新銘柄で参戦したいと思います♪
収益合計は今のところ+2,145万円…これは1年4ヶ月間の運用スパンでの利益ですが、いつかさらに桁が上がることを願ってます(笑)

06/16(金) 【2326】デジタルアーツ 見送りサインにつきトレードなし。

3日連続の見送りサインに従いましたwww
ま、こんな日もありますよね(笑)

ところで、5年生になる娘は今日は塾の日です。
4年生までは国・算だけでしたが、5年生になってからは社・理が増えて、それがバドミントンの練習の日と重なりまして…。
仕方なく、バドの練習を削って塾を優先しておりますw

でも、今の小学生って大変ですよねー><
周りの子たちはみんな何かしら習い事してます。
男の子の間で人気の代表格はサッカーですが、小学生のうちからスポーツ少年団やクラブチームでやってないと、中学校の部活でレギュラーになれないのだとか^^;
これはきっとバドミントンなどにも言えることなのでしょうねー。

自分が小学生のときなんて、習い事といえば習字やそろばん、少年野球くらいでしたよ。
自分はどれも3日坊主で勉強もせず遊んでいましたが…(笑)
今の子供たちは、小さい頃から競争競争で、恵まれているとはいえある意味大変ですよね。
ストレスを溜めないように、みんな頑張って欲しいものです。

06/15(木) 【2326】デジタルアーツ 見送りサインにつきトレードなし。

株式市場、水曜日も見送りサインで負けトレードを回避です♪
ただ、デジタルアーツもボラティリティーが縮小傾向にあるので、今週いっぱいで銘柄を変えようと思いますw
自分の場合、銘柄への愛着なんて一切なしで、ボラティリティーのある銘柄であることが全てです(笑)
これが、口座残高の増加スピードを高めるコツだと思っています。

株式市場を使い始めて16ヶ月ほど経ちますが、銘柄を選定する上で、その株がこれから上がるかどうかなんて自分は今でも全く分かりません(笑)
意識していることは、その銘柄に「ある程度の値動き」があることだけです(汗)

寄引け方式なので、「始値-終値」が利益となるので、この間の値動き(ボラティリティー)がある程度ないと運用効率が悪いんです。
ま、ゆっくりペースならトヨタや三菱UFJのような、成熟した大規模な銘柄くらいの値動きで本当は十分なんですけどねw
自分はもっとアグレッシブに利益を増やしたいがために、あえて短期で銘柄を乗り換えています…(笑)

あとは、インジケータが出すサインに従う方のがポイントでしょうか。
このシステムはロジック上、過去の相場データと現在の値動きとをリアルタイムに相関を取っているようです。
過去の相場パターンと比較して、現時点で確度の高いサインを自動計算してくれるのがフィルタ効果になっていて、今も勝率は6割後半くらいので推移していますかね。
そんな流れもあって、自分は値動きがダレてきたら即活発な銘柄に乗り換えますwww

06/14(水) 【2326】デジタルアーツ 見送りサインにつきトレードなし。

デジタルアーツ、火曜日は見送りサインでした。
参戦していたら9万円ほどのマイナスwww
「無駄打ち」を避ける戦略は利益を目減りさせないために大切だと実感する瞬間です。

06/13(火) 【2326】デジタルアーツ 見送りサインにつきトレードなし。

月曜日は微益のスタートとなりましたwww
ここ最近はボラティリティーが縮小している感じです(汗)
しかしここは踏ん張りどころと捉え、ボラティリティー縮小からの再度の拡大局面で大利を期待していますwww
ただ、ここのところ勝率がやや高めになってきたので、ちょっとスペックオーバーな気もしますが…
ま、淡々とサインに従いたいと思います!

昔なら、朝早くに銘柄チェックなんかをしてたものですが…
このロジックにしてからは、前日引け後にはもう翌日のサインが確定するので、朝にバタバタすることもなくなりましたねー。
今も朝のバタバタといえば、子供の送り出しくらいです(笑)
最近はだんだんオシャレに目覚めてきて、学校へ着ていく服を決めるのに少し時間がかかるように…
で、「学校は勉強するところ!オシャレをしにいくところではないよ!!」と一喝した次第です(笑)

06/12(月) 【2326】デジタルアーツ 3,930円→3,940円(2,000株)= +20,000円

このページのトップヘ